山・職人・住まい手が地域でバランスよくまわるしくみで木の家づくり

2015年10月15日

刻んで削って

おはようございます。
心地よい秋晴れが続きますね。
この時期は外にいるのが気持ちよく、現場でも作業が進みます。

森町に建築中の『青天の家』、現在工場で構造材の刻みをしています。

墨つけ、刻み、削り

一本の材料が仕上がるまで、大工は何度も何度も材料に手を入れていきます。

仕上がった材料はいいですね。
大工の心も加わり特別に輝いて見えます。

先日お施主さんが刻みを見学に工場に来てくれました。
タイミングよく削りの最中で、子供達もカンナ屑で遊んでいました。

9F3FBF71-4BBC-4AD6-AF3D-F1FDD4C36D00.jpg

D0537FF2-BA45-4020-AE60-36A110B66A07.jpg

現場では基礎工事が出来上がりました。
後は建前を待つのみ。

B2BC766A-36E3-4269-8F10-418E2B6176EB.jpg

9817D335-9FC8-4A16-9FC8-5E88F4D87E5A.jpg

このまま秋晴れが続く事を期待しています。


posted by yamazaki at 09:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。