山・職人・住まい手が地域でバランスよくまわるしくみで木の家づくり

2014年01月06日

寒いと暖かい

こんばんは。
仕事初めの今日はいつもより少し早めに事務所を出たのですが外は寒い…!
日中はそれ程寒さを感じなかったのでシャツにカーディガンと軽装で一日過ごしていたら、夜になって急に寒さを感じました。

いつも見る大井川の橋の温度計では3度でした。
今日は早めに帰宅して自宅の薪ストーブでポカポカと。
外は寒かったけど薪ストーブはやっぱり暖かい。

薪ストーブの暖かさを説明するのに、
「壁や床、家全体が暖かいんです」

って良く話すのですがなかなか伝わらず、

「空気じゃ無くて、壁や床からの低輻射熱で暖かいんです」
って言うともっと伝わらず…。

と言う事で表面温度計を使って説明です。

まずは薪ストーブ近くの壁の表面温度です。
image-20140106222114.png

続いて天井近くの壁。
image-20140106222232.png

少し離れたキッチンの壁
image-20140106222326.png

一番離れた子供室
image-20140106222357.png

薪ストーブ天板
image-20140106222555.png

ちなみに温湿度計
image-20140106223928.png

?湿度はイマイチ…乾きすぎ。


今日は18時半ごろに妻が薪ストーブをつけたので暖まり方が今一ですが、パジャマに素足で問題ありません。
image-20140106222803.png

素足を見せてすみません…。

空気が暖まっても壁や床、天井の表面の温度が低いと冷たい輻射熱を感じて寒さを感じますよね。極端に言うと冷たい窓際にいる感じと同じです。
壁や床が暖まってくると低い温度の輻射熱ですが、とっても気持ちの良い暖かさを感じます。

ちょっと違いますが、縁側で日向ぼっこしている暖かさに近いかな?

薪ストーブの近くはもちろんですが、離れた子供室も極端な寒さは感じません。

とりとめない説明でしたが少し伝わりましたか?

今日も薪ストーブに感謝です。
あったかあったか。










posted by yamazaki at 22:44| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年もよろしくお願いします。

あれっ?薪ストーブ違いますよ!!!新調しましたか?それともテスト?
うちは最近子供が火おこしから興味を示し、ストーブ番人してます。
火と人をつなぐ・・・良いことだ。
Posted by アオノイエ at 2014年01月08日 13:18
Sさん、コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

薪ストーブ、やっぱり気がつきましたね。Sさんならきっと気がつくと思っていました。
毎回の事ですがやっぱり逆流やガラスの曇りがあり、今回思い切って変えてみました。
昨年藤枝の家でお世話になったケンズメタルワークさんのハンドメイドストーブです。前にも一度お話しましたね。
炉内や天板が広く何か出来そうなストーブです。
また一度遊びに来て下さい。
Posted by yamazaki at 2014年01月11日 11:51
もうお子さんが火おこしですか。
早いですね。興味をもつのは良いことです。お子さんにとって薪ストーブは当たり前とものなんでしょうね。
暖かさは豊かさ、薪ストーブの前にいると本当にそう思いますね。
また一緒にコーヒー飲みましょう!
Posted by yamazaki at 2014年01月11日 11:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。